家族向けの賃貸物件|便利な不動産管理システムを導入しよう|管理がとても楽になる

便利な不動産管理システムを導入しよう|管理がとても楽になる

家族向けの賃貸物件

男の人

新たに賃貸経営に参入する個人や法人が増える中で、好まれる収益物件のタイプも大きく変わっており、とりわけ最近では大阪の居住用物件が大人気です。居住用物件は安定した入居者が確保しやすいために、初めて大阪の収益物件を購入する人であっても、スムーズに経営が行えるでしょう。代表的な居住用物件はアパートやマンションですが、その中でも需要が大きく伸びているのは、ファミリー向けの物件です。子供が生まれた時にアパートやマンションを借りる人が中心であり、子供が成長するまで住み続ける人が多いことが、投資家の間で注目されている理由です。高い稼働率を維持することが容易であり、ファミリー向けの物件であれば、高齢者が退職金を活用して投資を始める場合にも手ごろです。

退職金などを活用して収益物件への投資を始めるときには、大阪郊外の5000万円前後のアパートを選ぶのが、最も堅実な投資手法です。5000万円前後の物件であっても10世帯程度が入居できるので、家賃収入で300万円以上を確保することも容易です。郊外ではファミリー向けの賃貸需要が根強いために、将来的にも有望な収益物件も探しやすいです。10パーセント以上の利回りが期待できる物件を選ぶ人が大阪には多いですが、購入する場合には将来的な修繕費用も十分に積み立てるべきです。築年数が浅い物件の利回りは6パーセント前後ですが、維持管理費用は割安なので、不動産投資の初心者向きです。アパートやマンションの経営の経験に合わせて、運営しやすい物件を選ぶのが、不動産投資を成功させる秘訣です。